ブログ

ちょうどいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちょうどいい暮らし、ちょうどいい働き方、ちょうどいい人生の歩み」

このちょうどいいは一体どこからくるものでしょうか。

人の人生はそれぞれで、ある人にとってはちょうどいい暮らしやちょうどいい働き方ができても、そうでない方もいると思います。

ちょうどいい人生を歩みたいと思っていても、難しいと感じている方が大半なのかな、と……。いや、むしろ世の中そういうものですよね。

この、ちょうどいい。わたしが思うに、尖ることよりもちょうどいいを保つことが一番難しいように思います。

というのもちょうどいいってことは右も左も、へたすれば上も下もバランスを保たないといけないわけですから、こうやって聞くといろいろ細かそうだなとか、難しいそうだなとか、なんだか大変そうだなと感じますよね。

でも実は、ちょうどいいってことはその言葉通りのところがあります。

 

 

わたしたちは、常々選択をしていきながら生きていると思います。

ご飯を食べるとき、洋服を着るとき、お風呂へ入るとき、寝るとき……。そのほかいろいろな場面で、1日の大半は無意識に物事を判断しては選択をしています。

このとき選択を誤れば、ご飯を食べ過ぎてしまったり、ちぐはぐなコーディネートになったり、お風呂でのぼせたり、寝すぎて体がだるくなったり、と。この状況を経験されたこともあると思います。

そういったとき、基本的には不快な気持ちを抱くことがほとんどだと思います。

 

 

つまりなにが言いたいのかというと、ちょうどいいを生むのは細かな選択の意識からはじまるものだと思います。

その選択に意識をどれほど向けられるか。気づきが大事であり、それによってちょうどいいものにつながっていきます。

今ある暮らしや働き方にしても、自分自身にとってのちょうどいいはどこにあるのか。実現していきたい方は、じっくりと向き合う時間を作って答えを見つけてもらえたらなと思います。ちょうどいいにはちゃんとした理由があると思いますので。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ