ブログ

研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日 『苦情受付担当者研修』に参加して来ました。

今回の研修で学んだ事は

「苦情」=「利用者様の声」

苦情ととらえるのではなく『声』

まさにその通りだと思いました。

そして その『声』の本質が何かを見抜く力

それにはやはり専門技術(スキル)が必要であり

もっともっとそのスキルを磨いて

プロフェッショナルにならなければならないと思いました。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...
  2. 先週よりこそこそと制作していたZINE(正確にはそれ...
  3. 『「写ルンです」でなにを写スンです?』の記事タイトルを見てわかるように、冴え...