ブログ

“涼”を求めて。余暇の充実に「如意輪寺(かえる寺)」へおでかけしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多くの風鈴が飾られています。

そう、尋常じゃない数の風鈴が。

そして数が多いのはなにも風鈴だけでなく、かえるの置物も尋常じゃありません。むしろ普段はそちらのほうがメインのお寺になります。

今回は”涼”をテーマにメンバーさんと足を運んでみました。

 

如意輪寺までの道のり

事業所から目的地までは片道で1時間10分程度。9時半ごろに出発をし、11時ごろには到着しました。

行きの車中では、メンバーさんとポケモンの話題でずいぶんと盛り上がりました。話題もそうなんですが、コミュニケーションを行っていて、若い、ほんと若い世代だなと思いました。

 

境内へ一歩踏み入れると広がる異世界

休日ともあり混雑していると思いきや、午前中の時間帯がよかったこともあり比較的空いていました。お陰でメンバーのみなさんもゆったりと境内を散策することができました。

 

境内の至るところに飾られている風鈴の数に圧倒され、目の前に広がる光景はまさに異世界でした。

インスタ映えするのも納得。一眼レフを持ち歩いている人も数多くいました。

 

風鈴だけでなく様々な神様も祀られていました。数が多すぎてどれがどの神様なのか把握していませんが、写真を眺めているだけでどれも縁起が良さそうな雰囲気が漂っています。

 

某アニメに出てきそうなオマージュ的な置物などもありました。(ドラ◯ン◯ール?笑)

 

くまモンの姿や見てるだけで幸せな気持ちになる夫婦かえるの置物も。

 

何名かのメンバーさんはおみくじを引いていました。

 

先を進むと、賽銭箱近くにずいぶんと人懐っこい猫がいました。みなさんでお参りを済ませ、続いて本堂へ足を運びました。

 

かえるの置物やら圧巻の本堂

本堂には住職さんが趣味で集めたとされるかえるの置物が所狭しと並べられ、風鈴といい驚きと感動の連続でした。完全に趣味の範疇を超えていました。

集めるのにどれほどの年月をかけ、どれほどの金額を投資したのか、そちらのほうが気になりました。

 

奇妙さと不気味な雰囲気が漂う本堂内部。ここでお参りをやっておかないとせっかくの縁起があれよあれよと逃げてしまいそうだなと思い、必死で願を懸けました。

心を清らかに、いつも以上に若干長い時間お祈りをしました。

 

縁起に縁起を重ね

本堂をあとにし、最後はみんなでかえるのトンネルをくぐりました。縁起が良くなることならなんでもし、これでもかというぐらいパワーをもらいました。

有り余るほどのパワーをもらったはずですが、空腹には耐えられず。近くのパン屋でパンを買い空腹を満たしました。

なにはともあれ、本日の行いを通して企業とも良いご縁につながることだと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ