ブログ

職場実習奮闘記Day3.「三度目にして身をもって実現することができた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場実習3日目の朝を迎え、段々と冷え込みも強くなってきました。この季節、自転車に乗るのは寒いだろうなと思いつつも、約束した場所に満面の笑みでメンバーさんがさっそうと現れました。

今日は時間通り自転車へ乗り、企業まで向かうことができていました。三度目の正直なのかな。道を間違えることなく企業へたどり着き、ひと安心でした。

 

企業に到着してからは、作業場へ向かい昨日の作業の続きを行いました。従業員さんからは、仕分けした製品のなかに部品などの取り忘れがあったようで、丁寧に作業を行うように注意を受けました。

再確認を意識付けていきながら、プラ製品の仕分け作業に取り組んでもらいました。

 

今回、ハンダコテを使った作業にもはじめて挑戦しました。不安を浮かべる様子は一切なく、はじめてハンダコテを使うのにも関わらず自信をもって作業に取り組めていたように感じます。熱を帯びる箇所は絶対に触らないこと、指定された場所へ置くことのルールもしっかりと守られていました。

 

3日目にして道具の使い方に関しても徐々に慣れはじめていたように思います。

 

当初予定をしていた実習期間よりも1日短くなり、本日で職場実習を終える形となってしまいました。3日間大変お疲れ様でした。

その都度の振り返りでは、「一生懸命やりました」の一点張りでしたが、見ている人はきちんと見ていると思います。あとどうなるかは来週の振り返りで話し合いができればと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ