ブログ

立ち止まって感情と向き合える良さがフィルムにはある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出来上がりのフィルム写真を手にとって見るとやっぱり、いいなと思います。

現像されるまでわからない出来上がりのワクワク感には毎回心が踊ります。写真を撮る段階からプリントしてからもデジタルにはない良さを感じます。

シャッターを切る音、写真の触り心地やノイズの強い出来栄えなど、なかにはブレてしまったものもあって、デジタルような完成されていない手づくり感のようなものがあります。

1枚1枚写真から伝わってくる物語からは一体どんな想いで撮られたのか、みなさんの話を聞くのが今から楽しみです。

これからグループワークに向けて準備を進めてもらえたらと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  2. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...
  3. 先週よりこそこそと制作していたZINE(正確にはそれ...

アーカイブ