ブログ

居場所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それは望んでも得られないもの、なのかなと思います。

突然迫りくる疎外感や孤独感。

いつもと同じ環境、いつもと同じ人、いつもと同じ時間を過ごしているはずなのに、それなのにいつもとは違うなにかがある。

それは言葉では言い表せないような得体のしれないもの。

それが居場所なのかなと思います。

 

 

なぜ、そう思ってしまったのか。

本音を聞いた今ならなんとなく理解することができるような気がします。

どのようにすれば職場のなかで居場所をつくってあげられただろうか。

どのように本人や職場の人と向き合えばよかっただろうか。

気持ちは理解することができても、その先が見えてこない。

これは完全にわたしの経験不足であったと、えらく痛感しました。

 

 

昔同じように抱いたことのある、疎外感や孤独感。

確かにそんなとき、ここにわたしの居場所なんてないと思うようなことはありました。

仲の良い友達といても、家族といても、職場の同僚といても、なぜだかわからないけど、気づくと抑えられないような不安が胸いっぱいに広がっていた。

どうすることもできないやり場のない感情だけを体に取り残し、それでも前へ進もうともがき。

 

 

わたしにとっての居場所とはなんなのか。

与え与えられ、人との間で築いていくもの。

見つける側も見つけられる側も同じように意識していくことが大事なんだなと思います。

就職している方の支援を通して、そんなことを考えさせられました。

今後はどのようにして居場所をつくっていくか。人とのコミュニケーションをもっと意識して、必要な存在であると気持ちを抱けるような居場所をつくっていけたらと思います。

ピックアップ記事

  1. 福祉の仕事に携わるようになってから気づけば7年近くが経過しています。
  2. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  3. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。

アーカイブ