ブログ

フィルムがつないでくれる縁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から最後までメンバーが主体となって取り組んだ「平成最後、撮影発表会in門司港レトロを行いました。」。発表会で使用した制作物をKATARIBA Café えそらの店内へ掲示させていただいているのですが、そこでちょっとした縁があったことを耳にし、嬉しさからその出来事を記事にしてみました。

 

お客さんとメンバーの間で

えそらで定期的に行われている婦人会にて、掲示されているフィルム写真を見たお客さんが、懐かしみのあまりに昔話に花を咲かせ、活動を行うメンバーとの間にコミュニケーションが生まれたのだそうです。しかも、楽しそうに生き生きと話をしていたと言います。

 

普段は物静かなメンバーも饒舌に

活動中は喫茶業務に集中していることもあり、中々コミュニケーションを図る機会がないなかで、フィルム写真をきっかけに数多くのコミュニケーションが生まれたと言います。その方もまた楽しそうに、そして生き生きと話をしていたようです。

 

ーーーー

 

フィルム写真には人と人をつないでくれる不思議な魅力があり、これらがもたらす様々な縁のかたちを知ることができ、私自身この活動を進めてみてよかったーと、心底思いました。フィルム写真を使った活動はこれからも続けていきたいと思います。次回は写ルンですを片手に直方市へ繰り出して行けたらなあと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ