ブログ

【初挑戦】それっぽい「ZINE」の制作を行ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週よりこそこそと制作していたZINE(正確にはそれっぽいのです)ですが、ようやくご本人とご両親へ見ていただける段階まで完成することができました。ひとまずひと安心です。

趣味感覚ではじめてみて、時間もさほど掛けられないと思い短期間で作り上げることを目標にしました。実際はどれくらいでしょうか。期間にして3日程度?時間は15時間くらいですかね。

制作してみると意外にも思うように事が進まない場面が多くありまして、やってみてはじめて大変さがわかりました。見ると実際にやることは、やっぱり違いますね。私自身はじめての挑戦ではありましたが、ご本人やご家族の方に喜んでもらえたらと思います。

さて、さて、次は誰を題材にしていこうかな。

 

ZINE(ジン)とは?

個人の趣味で作る雑誌や本、冊子などのことです。名前の由来は、「Magazine(雑誌)」の“ZINE”が語源と言われています。定義が広く詳しいことはわかっていない現状で、諸説としてZINEと呼ばれるものが誕生したのは、1960年代のアメリカだと言われています。

 

今回題材にしたのは?

平成30年12月に行った職場実習。

 

題材にした理由は?

自宅に帰っても自身のことを話す機会が少ないと聞いていたので、ご家族もそのことに対して心配を抱くこともあり、口頭で伝える意外で考えた結果がZINEでした。

ご本人にとってもどう思われていたのか、どんな姿にうつっていたのか、客観的に見ることができていいかなと思いました。口頭だけではわかりにくいことも多くあると思いますし。なにより形に残るぶん、何度でも気軽に見返してもらえたらと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ