ブログ

How old?体力測定を行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の体力年代ってどのくらいでしょう。

私たちは、「体を動かす仕事をしている」、「スポーツをしている」、「ジムに通っている」、「ウォーキングしている」、「体を動かすようなことは何もしていない」などなど、さまざまな日常生活活動を行っています。

実際に自分の体力年代はどのくらいでしょうか。

そこで、自身の体力年代を知るため、『体力測定』を行ってみました。

10 代、20 代、60 代のメンバーさんがチャレンジしました。

測定の内容は

  1. 平衡性(閉眼片足立ち)
  2. 瞬発力(しゃがみとび)
  3. 敏捷性(座位足開閉)
  4. 柔軟性(立位体前屈)
  5. 腕、肩の筋力(腕立て腕屈伸)
  6. 持久性(踏台昇降)

結果をもらい、実年齢より「年をとっていた」との結果で落胆したり、逆に「若かった」との結果で嬉しかったり、納得したりと、各々感じることがあったようです。

ちなみに、実年齢より若い結果が出たのは 62 歳の男性メンバーさんでした。

腕立て腕屈伸では、年齢を感じさせない素晴らしいフォームでした。また、踏台昇降では、若いメンバーさんが音を上げている中、最後までやり遂げる事ができていました。さすが、職業トレーニングに毎日参加していることもあります。

今回の体力測定では、「自分の体力年代を知る」ことを目的として行いましたが、メンバーさん同士で応援し合い、励まし合い、労いの言葉をかけ合う姿を見ることができました。

自身のことだけではなく、他者を思いやる気持ちを持って取り組む姿には感心させられました。その行動により協調性を育むことができたと思います。また、今後ビジネスマナーとして活かすことができるのではないでしょうか。

みなさん、おつかれさまでした。

 

 

【参考】『体力測定 あなたの体力年齢は?』

http://www.uemura-clinic.com/dmlecture/tairyoku.htm

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏の風物詩といえば様々なものがありますが、ここ「如意輪寺(かえる寺)」ではインスタ映えにちなんで数多...
  2. いつまでも変わらないモノ。それは形だったり、味だったり、想いだったり。
  3. 2019.3.29

    手紙
    当センターから何名かは、働きはじめて半年が経過したあたりで社会の壁にぶつかる人もちらほら出てきました...

アーカイブ